PROFILE


冴沢鐘己(Showky Saezawa)

~情熱をカタチにできる男、冴沢鐘己~

◯スタートはロックミュージシャン

 大阪出身、京都在住。小学校5年からギターを弾きはじめ、 高校時代からオリジナル曲を作り始める。

 高2の夏には自らの主催で、大阪城野外音楽堂でのライブイベントを実現する。

 バンド活動は約10年。その後はソロとして、ロックだけでなくジャズミュージシャンとも共演し、音楽性の幅を広げる。

 弾き語りからバンドまで年間100以上のライブをこなし、東京のプロダクションにも所属して、メジャーからCDをリリースするチャンスをつかむ。

 しかしながら、時代の流れとともにミュージシャンとしての道は先細りする一方であった。

 そんな中いろんな現場に携わり、業界の裏も表も眺め、閉塞感ばかり感じる時期を経て、最終的に辿り着いた結論は、

「一生音楽で生きていくには、もっと別の方法論があるはず!」 と、

 自らの方法論で浮き上がることを模索する。 そんな頃。


◯ネットラジオ&ミニFM局「fm GIG」を設立

 音楽活動を続ける中で、ひょんな出会いから2002年にインターネットラジオ「fm GIG」を設立。冴沢の判断力とプロデュース能力が反響を呼び、所属パーソナリティーの数は増え続ける。それぞれに活躍するパーソナリティーを育て、巣立たせるという新陳代謝を繰り返しながら、運営は10年以上となった。今やパーソナリティーは200人に届くほどにまで成長している。


◯なぜfm GIGにはそんなに人が集まるのか

 冴沢鐘己は情熱や素質を持ちながら、いつの間にか心が折れて夢をあきらめてしまった人たちの才能を見逃さないというプロデュース能力があり、それぞれがfm GIGでのびのびと可能性を広げることによって、各業界で活躍をする人材を育て上げるということを実践してきた。その噂が人を集め、冴沢鐘己自身のプロデュース能力もどんどんと幅を広げていった。その連鎖こそがfm GIGの輝きの秘密であり、どこにも真似のできないオリジナリティーである。

 そこで得た経験をもとに、冴沢鐘己は再び音楽業界に挑む決意をし、CDレーベル「PALMTONE RECORDS(パームトーン・レコーズ)」を2010年に設立。


◯才能を見つけ、育てるプロデューサーとして

「才能が“量産する力”だとするなら、まずはコンスタントに作品を世に出さなくてはいけない」と考え、低コストで高品質な作品作りを目指し量産体制を整える。

 独自の方法論とアイデアで若手からベテランまで幅広いアーティストを手がけ、2015年には年間10タイトルのCDをリリースし、そのほとんどが冴沢鐘己プロデュースである。 素質やガッツはあるのに、資金や人脈やチャンスに恵まれなかったアーティストを何組も育て、イベントで経験を積ませながら、定期的にCDをリリースする体制を整える。

 自らも、「TIME FOR LOVE」を結成し、ボーカル&ギター、尺八、パーカッションという変わった編成でジュリーなどの昭和歌謡をカバーすることから精力的なライブ活動をスタート。 全国各地のイベントに出演し、「TIME FOR LOVEが出てくるとどんな現場も熱狂的に盛り上がる」という評価を勝ち取る一方、昭和歌謡のテイストをうまく取り入れたオリジナル曲を次々と発表する。

 多くのカバー中心のアーティストがオリジナルへの移行に苦闘する中、自然に「カバーからオリジナル」へコンセプトを移行して、「加速度」「夢を見るかもしれない」などの名曲を毎年リリースし、いつのまにか「カバーよりもオリジナルが断然いい」という評価を勝ち取る。


◯なぜ人は音楽を必要とするのか

 オリジナル曲ばかりのステージに行き詰まりを感じて、昭和歌謡のカバーを歌い始めた2010年に、とある縁で老人向けデイケアー施設での慰問コンサートを引き受ける。

 平均年齢80歳の方たちを前に、オリジナルはもちろん自分の知っている昭和歌謡などでは、ステージなど成立しないことを思い知る。 そこで、自分が生まれるはるか前の昭和20~30年代の歌謡曲の歌詞やギターをコツコツと覚え、「歌手に必要なものは何か」を体で感じていく。

 活動も5年経つ頃には、レパートリーは40曲を越え、平均年齢80歳の人たちを時には立ち上がらせるほどの大盛り上がりのステージを見せるまでになり、東北の被災地など日本各地の施設を回ることをライフワークの一つとするようになる。

 この経験で、ステージに対する考え方が大きく変わり、それまでのライブハウス中心からイベント中心へとライブ活動をシフトさせる。 “自分のために歌うのではなく、自分の歌を必要としてくれる人のために歌う”ことを実践するために、fm GIG主催で自主イベントを様々に企画する。ゼスト御池での月一回の定期イベント「わくわくシティーパーク」では、出演者の成長と比例するように「老若男女、通りすがりの人まで楽しめるイベント」として高い評価を集めている。


◯輝く存在になるために

「どうすれば、ヒットは生まれるのか。そして人は“自分の人生”を実現できるのか」と問われることが多々あるが、 どんな分野であっても、ヒットすることが必要ではあるが、「“ヒットさせること”が目的であってはならない。 まずは“誰かに必要とされる”存在になるということが、あなたが目指すゴールへの近道である」と冴沢鐘己は語る。

 あなたの胸の情熱の炎が、誰かの胸にも情熱の炎を灯す、そんな存在になれた時、人は自分の人生を生きることができる。

 だから、まずは冴沢鐘己の活動に触れてみてください。 そして語りかけてください。 きっとあなたの中の“輝きの炎”を見つけだして、育ててくれるはずです。


A型・牡羊座 七赤金星 天王星人+ 

趣味:推理小説、F1、Macintosh  特技:ギターの大回転奏法

ヒットチャートマニアで、70年代から80年代のヒット曲については、洋の東西を問わずかなりの勢いで詳しい。

◇叙情的な詞、フックの効いた美しいメロディーライン、ソウルやジャズの色濃いリズムとアレンジは、まさに「胸を撃つネオ・ニューミュージック」。1970~80年代のロック・ポップスを彷彿させ、バンドスタイルからアコースティックスタイルまで、変幻自在な活動を展開中。


【History】

  • '96年12月3日、全曲作詞・作曲・編曲及び演奏・プロデュースまでこなした1st.アルバム「9マイルは遠すぎる」を発売!。インターネットのインディーズチャートに長期間ランクインを続け、'98年7月、遂に1位を獲得!また収録曲「眩暈(めまい)」が,有線放送の番組(「フレッシュミュージシャン」)で,月間優秀曲候補曲に選ばれる。
  • '97年8月6日、CDシングル「運命の行方(ほしのゆくえ)」をリリース。 '98年3月より、大阪YES・fm(78.1MHz)「ライブ小僧」の人気リクエストで、2ケ月間連続1位、9週連続 ON AIRの記録を樹立!
  • '97年5月、京都RAGでのライブを機に、ジャズプレーヤーとファンクプレーヤーから成る新バンドを結成。以後、バナナホール・クラブクアトロ・ミューズホール等で、精力的にライブ活動を展開。
  • '98年1月より京都RAGにて、深夜のバラエティーライブ「木屋町ゴールデンアワー」をプロデュース。コントや短編映画、プロレス講座など、幅広いジャンルの出演者と観客を集め、隔月ペースで定期公演。
  • 有線放送「フレッシュミュージシャン」で、月間優秀曲候補曲に選ばれた「カナリア」、WAVE INDIES CLUBでも、'99年2月度月間チャート1位獲得!。
  • '99年3月、シングル「カナリア」リリース。9月・12月と2度にわたり、札幌タワーレコードなどでキャンペーンミニライブを行う。12月にはライブハウス「Family Tree」で初の札幌ソロライブも実現。
  • '99年9月、大阪ROYAL HORSEでのライブを機にアコースティックユニットも結成。以後、京都・大阪でマンスリーにライブ活動を展開する。
  • 2000年、マキシシングル「どこか遠い場所へ」リリース。ミューズホール、RAG、クラブクアトロなどで、月平均1.5本のハイペースでライブ活動を展開。初の東京ライブも実現。 また、イベントプロデューサーとして、3つの個性的なイベント(S-Connection、木屋町☆アンプラ大作戦、木屋町ゴールデンアワー)を定期公演。
  • 2001年より新プロジェクトとして、R&Rバンド『Ten Days' Wonder』結成。いっそう精力的にライブ展開。
  • 2002年、ミニFM局‘fm GIG’開局。
  • 2007年、胆石で手術入院。
  • 2008年、しぶとく活動再開。再びハイペースなライブ活動を展開。
  • 2009年、エイベックスよりアルバム「カナリアみたいな歌声が」リリース。収録曲「カナリア」は、新世界ルナストリートのイメージソング、FM草津ヘビーローテーションに選ばれる。この年のライブ本数は、年間約80本。
  • 2010年、ユニット「TIME FOR LOVE」結成。レーベル「PALMTONE RECORDS」設立。1st.シングル「青い風と白い空」リリース。この年のライブ本数は年間約110本。以降、毎年150本近くのライブペースを維持。
  • 2011年、「Time For Love」2nd.シングル「ときどき、セルリアンブルー/夜明けの月に」リリース。
  • 2012年、「Time For Love」3rd.シングル「夕陽色の涙/空が晴れたら」リリース
  • 2012年7月、イタリア・アルベロベッロで開催された世界民族音楽フェスティバルで日本チームのリーダーを務める。「カナリア」歌唱。動画(Vol.1Vol.2
  • 2013年、1st.アルバム「心地よく秘密めいた場所」リリース。また、PALMTONE RECORDSより4組の新人(FUN-KOROGASHI、BBガールズ、風間史帆、KKいれぶん)をプロデュース・デビューさせる。
  • 2013年9月、大阪城野外音楽堂「サウンドパークVol.1」企画・プロデュース・出演。
  • 2013年10月、台湾・台北公演。
  • 2014年3月 大阪 京セラドーム「第20回日本リトルシニアリーグ全国選抜野球大会開会式」にて国家独唱。
  • 2014年5月、2nd.アルバム「何かが道をやってくる」リリース。
  • 2014年7月、BBガールズの2nd.シングル「ガーディアン・エンジェル」プロデュース。
  • 2014年8月、東北~北海道ツアー。屈斜路湖夏祭り、宮城県岩沼市市民祭りゲスト出演。
  • 2014年9月、大阪城野外音楽堂「サウンドパークVol.2」企画・プロデュース・出演。
  • 2014年10月、台湾・台北公演。
  • 2014年10月、秋人のシングル「Shining Moon/月光影」プロデュース。
  • 2015年3月、4th.シングル「夢を見るかもしれない」リリース。高槻現代劇場コンサート。
  • 2015年3月より毎月1回、京都 ゼスト御池で無料イベント「わくわくシティーパーク」を企画・プロデュース。
  • 2015年3月28~29日、京都「梅小路フェス!Do You KYOTO?」出演。メインステージプロデュース(ゲスト:市井紗耶香ほか)
  • 2015年5月、秋人のアルバム「SONGS」プロデュース。
  • 2015年7月、山下圭志の1st.シングル「虹色のパレード」楽曲提供&プロデュース。
  • 2015年8月、東北~北海道ツアー。川湯温泉夏祭り、宮城県岩沼市市民祭りゲスト出演。
  • 2015年9月、大阪城野外音楽堂「サウンドパークVol.3」企画・プロデュース・出演。
  • 2015年9月、籾井優里奈&MIUのシングルで、いしだみつにゃん公認ソング「明日への誓い」楽曲提供&プロデュース。
  • 2015年10月、台湾・台北公演。
  • 2015年11月、大阪メルパルクホールにて講演会「情熱の羅針盤」開催。
  • 2015年11月、あきっすんの1st.シングル「蒲生四丁目」プロデュース。
  • 2015年12月、伴英将のシングル「苦い林檎種/BABYLOIN」楽曲提供&プロデュース。
  • 2015年3月26~27日、京都「梅小路フェス!Do You KYOTO?」出演。メインステージプロデュース(ゲスト:ダイアモンド☆ユカイほか)
  • 2016年4月、BBガールズの3rd.シングル「風のファンタジスタ」楽曲提供&プロデュース。
  • 2016年4月、あきっすんの2nd.シングル「まつげボーン」プロデュース。
  • 2016年5月、道頓堀で開催された西日本ボクシング協会主催「いじめ撲滅ボクシング大会」出演。ステージプロデュース。
  • 2016年6月、安部美香の2nd.シングル「恋は赤い蝶」楽曲提供&プロデュース。
  • 2016年7月、籾井優里奈の1st.シングル「天気雨にウィンクを」楽曲提供&プロデュース。
  • 2016年8月、山下圭志の2nd.シングル「ハバナ・モヒート」楽曲提供&プロデュース。
  • 2016年10月より、J:COMテレビ番組「決定!プレゼンキング」メイン司会、企画・構成担当
  • 2016年10月、5th.シングル「夜明けのムーンシャイナー」リリース。
  • 2016年12月、京都ホテルオークラにて「パームトーンXmasディナーショウ」開催。
  • 2017年1月、KBS京都テレビ「ハッピー歌う音ステージ」オープニングテーマ曲担当。
  • 2017年3月、アパレルブランド「パレット」のCMソングを担当(歌:籾井優里奈)。全国店舗でリピート放送される他、MBSラジオ「ありがとう浜村淳です」内で連日オンエアー。
  • 2017年4月より、大垣書店 高槻店にてラジオとのコラボ企画「冴沢鐘己が選ぶ海外ミステリーフェア」開催。
  • 2017年8月、籾井優里奈の2nd.シングル「トパーズの未来/ときめきドリームパレット」楽曲提供&プロデュース。
  • 2017年10月、BBガールズの4th.シングル「恋してオムレツ/夜明けの月に」楽曲提供&プロデュース。
  • 2017年10月、FRESH番組「かしこTVスペシャル」で有栖川有栖氏と対談。
  • 2017年11月、FRESH番組「かしこTVスペシャル」で綾辻行人氏と対談。
  • 2017年6月、京都木屋町に「イベントスペース・パームトーン」オープン
  • 2019年2月、BBガールズの1st.アルバム「ラ・ブラバ」楽曲提供&プロデュース
  • 2019年4月、「天然温泉 水春」制作(歌:BBガールズ)
  • 2019年5月、籾井優里奈の1st.アルバム「空色日記」楽曲提供&プロデュース
  • 2019年6月、あきっすんの1st.アルバム「ミックスナッツ大作戦」プロデュース
  • 2019年8月、山下圭志の1st.アルバム「SHORE BREAK」楽曲提供&プロデュース
  • 2020年6月、6th.シングル「プレイメイツ/運命の行方」リリース。
  • 2020年9月、和田全孝のシングル「歌で世界が変えられなくても」プロデュース
  • 2020年12月、7th.シングル「真昼の月」リリース。
  • 2020年12月、BBガールズの2nd.アルバム「メルシュトレエム」楽曲提供&プロデュース
  • 2021年4月、「大末建設」サウンドロゴ制作、歌も担当
  • 2021年4月、TIME FOR LOVE 結成10周年ライブをRAGにて開催
  • 2021年5月、3rd.アルバム「ドルの向こう側」リリース
  • 2021年5月、8th.シングル「未来は今/シンデレラとギャング」リリース
  • 2021年5月、16才の光希と新ユニット「Shake My Days」結成
  • 2021年6月、TIME FOR LOVE 2nd.アルバム「何かが道をやってくる」リマスター版配信。
  • 2021年5月、アルバム「ドルの向こう側」iTunes USAのJ-Popアルバムチャート4位を記録。
  • 2021年9月、籾井優里奈の2nd.アルバム「季節風便」楽曲提供&プロデュース
  • 2021年10月、「ミュージック・マガジン」10月号に「季節風便」のレビューが掲載される。
  • 2021年10月、 TIME FOR LOVE「夜明けのムーンシャイナー」がYTS山形テレビ「Do〜んな天気」10月タイアップ曲となる。
  • 2021年10月、 籾井優里奈「夢を見るかもしれない」がテレビ朝日「じゅん散歩」10・11月タイアップ曲となる。
  • 2021年10月、 BBガールズ「アタシはバリア」がSBS静岡放送「お買いものいいね!」「Soleいいね!」2021年10月クールエンディングテーマとなる。
  • 2021年11月、 TIME FOR LOVE「夜明けのムーンシャイナー」がYTS山形テレビスペシャル「第21回山形ふるさとCM大賞」エンディング曲となる。
  • 2021年11月、 TIME FOR LOVE「プレイメイツ」が、iTunes ラトビアのJ-Popシングルチャート3位を記録。
  • 2021年12月、Shake My Days 1st.シングル「空はイミテーション/カナリア」リリース。
  • 2022年3月、山下圭志「ハバナ・モヒート」が、テレビ朝日系列 YTS山形テレビ深夜版「Do~んな天気」2022年3月度タイアップとなる。
  • 2022年3月、山下圭志3rd.シングル「愛はプリズマティック」楽曲提供&プロデュース。
  • 2022年3月、あきっすん3rd.シングル「VOICE」プロデュース。
  • 2022年4月、TIME FOR LOVE「眩暈(めまい)」が、KFB福島放送「シェア!(第二部)」2022年4月度エンディング曲となる。
  • 2022年4月、あきっすん「Sunday」が、QAB琉球朝日放送「こきざみぷらす」4月度エンディングテーマとなる。
  • 2022年4月、Shake My Days「空はイミテーション」が、SBS静岡放送「お買いものいいね!」「Soleいいね!」2022年4月クールエンディングテーマ曲となる。
  • 2022年4月、BBガールズ「のら猫は一生懸命」が、テレビ朝日「凪咲とザコシ」2022年4月度エンディングテーマとなる。
  • 2022年4月、TIME FOR LOVE 2nd.アルバム「何かが道をやってくる」新装リマスター盤全国リリース。
  • 2022年7月、あきっすん「VOICE」が、KFB福島放送「シェア!(第二部)」2022年7月度エンディング曲となる。
  • 2022年7月、シャルロッテ 1st.シングル『Feel So Happy』がQAB琉球朝日放送「こきざみぷらす」7月度エンディング曲となる。
  • 2022年8月、ついらく feat.タジ 「再生数は金で買える」が、テレビ朝日「空気階段の空気観察」2022年8月度エンディング曲となる。
  • 2022年9月、Shake My Days「夕暮れにサイダー」がKFB福島放送 × UX新潟テレビ21「内緒にしておけない!?“隠れ名物”第7弾 新潟×福島 珍道中」エンディングとなる。